HOME
お問い合わせ
事務所概要
プロフィール
料金体系
コ ラ ム
ニュース
事務所便り
経営理念
社労士とは?
LINK社労士
LINK士業関係
LINK行政関係
就業規則作成又は
 変更のポイント
  必要な記載事項
  法改正に適応させる
  適用範囲の記載
  実情を反映させる
  トラブル回避のために
◆就業規則の関連
 事項について
  労使協定とは?
  36協定とは?
西川社会保険労務事務所へのお問合せは、 メール又はお電話で!
E−mail
就業規則 是正勧告 労働保険・社会保険人事制度・労務管理


トラブルを回避するためのポイント

 
 ■ トラブル回避のポイント
   
   休職及び復職時の取扱い、退職に関する規定及び退職手続、解雇事由及び
  懲戒該当事由、年次有給休暇の取得時期及び取得方法、時間外労働などは、
  規定が詳しく定められていないと、その適用をめぐって判断があいまいに
  なりトラブルとなる場合が多くなります。適用又は該当する基準が、具体的
  かつ、明確に定められているかをポイントに照らし合わせます。

 ■ 解雇について明記は慎重にします
 
   企業秩序を乱す者を最終的に解雇する場合、いきなり解雇条文を根拠に
  解雇したとしても、権利の乱用として無効になる場合もありますから、
  段階的に処罰を科していくことも必要になります。このため、服務規程や
  出退勤のルールも、重大な非違行為だけではなく、基本的なルールから
  段階的に定められているかも重要なポイントです。

 ■ 古い就業規則には落とし穴が多く存在します

   雇用機会均等法の施行により、労働基準法の第4条の男女同一賃金以外
  にも「募集・採用、配置・昇進、教育訓練、一定の福利厚生、定年・退職・
  解雇」について、女婿を差別的に取り扱うことが禁止されていますから、
  従前の古い体質をもつ会社の就業規則については注意が必要となります。
  労働基準法の第4条の男女同一賃金の原則については、現にこれに反する
  ことが行われていれば、労働基準法の第4条違反そのものは問われません
  が、古い規定が残ったままだと、就業規則作成義務を果たしたことになり
  ませんので注意が必要です。仮にトラブルがおきた場合、古い規定をその
  ままにしていると、会社そのものの姿勢が問われてしまい、その点で解決
  が難しくなる場合も充分に考えられます。

 ■ 社会情勢に適応させるのも重要です

   また、近年は外国人就労者の増加が顕著ですが、労働基準法の第3条の
  均等待遇(国籍、信条、社会的身分を理由とした賃金、労働時間等の労働
  条件の差別的取扱いの禁止)の実態がないかについても、慎重に考えなけ
  ればなりません。
  
  


  就業規則の作成・変更をお考えの事業主様、この機会に是非、
  西川社会保険労務士事務所までお問合わせください!

  御社に最適な就業規則をお作りいたします。

  お見積もりはお問合わせフォームまたはお電話にて
  受付けております。

  初回のご相談は無料にて承ります。

 派遣会社設立支援 |助成金申請サポート |高齢者雇用対策 |適格退職年金

〒537-0001 大阪府大阪市東成区深江北1-9-17-310 
西川社会保険労務士事務所 特定社会保険労務士 西川利治
TEL 06-6977-1817 FAX 06-7161-7433
     大阪府社会保険労務士会所属                      
社会保険労務士登録番号 第27070079号

Copyright(C)2007 西川社会保険労務士事務所 All Right Reserved
西川社会保険労務士事務所 サービス提供地域
大阪府 大阪市 (大阪市旭区 大阪市阿倍野区 大阪市生野区 大阪市北区 大阪市此花区 大阪市城東区 大阪市住之江区 大阪市住吉区 大阪市大正区 大阪市中央区 大阪市鶴見区 大阪市天王寺区 大阪市浪速区 大阪市西区 大阪市西成区 大阪市西淀川区 大阪市東住吉区 大阪市東成区 大阪市東淀川区 大阪市平野区 大阪市福島区 大阪市港区 大阪市都島区 大阪市淀川区) 池田市 泉大津市 泉佐野市 和泉市 茨木市 大阪狭山市 貝塚市 柏原市 交野市 門真市 河内長野市 岸和田市 堺市 四条畷市 吹田市 摂津市 泉南市 高石市 高槻市 大東市 豊中市 富田林市 寝屋川市 羽曳野市 阪南市 東大阪市 枚方市 藤井寺市 松原市 箕面市 守口市 八尾市 兵庫県(尼崎市 西宮市)